エックスサーバーが基盤システムを刷新。apacheの更新やPHPなどの旧バージョンを削除。

2016年8月16日、エックスサーバーが新規受付サーバーの基盤システムを刷新しました。

主な変更点は以下の通りです

変更点
サーバーホスト名 2000番台を使用するように変更(sv2001.xserver.jp~に変更)
apache 2.2.xから2.4.xに変更
PHP 使用できるバージョンを5.6.x、7.0.xのみに変更
動作モードをFastCGIのみに変更
Perl 使用できるバージョンを5.8.xから5.16.xに変更
Ruby 使用できるバージョンを2.0.0のみに変更
Python 使用できるバージョンを2.7.x、3.4.xのみに変更
MySQL バージョンを5.5.xから5.7.xに変更
アクセスログ ダウンロード機能 当日のみだったのを過去30日に変更
アクセスログの生成周期 1週間だったのを1日に変更
過去のアクセスログのファイル形式 テキスト形式だったものを圧縮ファイル形式 (.gz)に変更
アクセスログ出力内容 ログファイル名をドメイン名.access_log_8桁の年月日.gzに変更し、出力ログの先頭にホスト名を追加
ログ保存ファイル ドメイン・サブドメイン毎だったのをドメイン毎に変更(ドメイン・サブドメインが共通で保存される)
自動インストール PHPのバージョンに合わせ、Xoops Cube Legacyを削除
POP before SMTP機能 新仕様サーバーではSMTP認証のみとなり、POP before SMTPは提供されません
共有SSL 新仕様サーバーでは独自SSLのみとなり、共通SSLは提供されません

旧仕様サーバーを利用中のユーザーに対して、新仕様サーバーに移行できるツールの提供も検討しているようです。

旧仕様サーバーのようにPHPなどのバージョンがいろいろと選べるのは開発者的にはうれしいことですが、一般ユーザーからしたら混乱のもとになりかねません。
(インターネット上に流れてる情報が古くて、新しいバージョンでの情報が見つからないこともあるので一概にそうとは言えませんが。)

この仕様変更で注目すべきはアクセスログの扱いでしょう。
ファイル名がただの連番付与だったものから年月日付与に変更されるため、何かあった際の調査が容易になります。
(ファイルサイズだけでどの日が一番アクセス数が多かったのかがわかるようになったりします)
ログファイルというのは収集方法や収集単位によって管理のしやすさが極端に変わるので、今回の変更はWeb系SEの私としては非常に高評価です。

仕様変更による料金の変更などはないため、スッキリと刷新された新サーバーをこれまでと同額で使用することができます。
エックスサーバーは個人用途~ビジネス用途で人気のサーバーなので、もし気になっている方は検討してみてはいかがでしょうか。



管理人おすすめのレンタルサーバー
[PR]

管理人がおすすめするレンタルサーバー

1位:mixhost

サーバープランの基本情報

スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプラス エンタープライズ
初期費用 無料 無料 無料 無料 無料
月額使用料 980円 1980円 3980円 7980円 15980円
ディスク容量 40GB 60GB 80GB 120GB 16GB

MixHostの主なおすすめポイント

  1. 高速レスポンス
  2. 安定稼働
  3. 転送量無制限

そこまでメジャーなサーバーではないですが、安価で高速、そして安定して稼働するレンタルサーバーを求めるならMixHostを選べば確実です。
MixHostはApacheやNginxよりも高速なLitespeed Webサーバーを使用しているため、他社のレンタルサーバーと比べてレスポンスが速いです。
実測はしていませんが、おそらくバリューサーバーと同等もしくはそれ以上でしょう。
サーバー障害が発生してもすぐにクローンに切り替えてくれるので、安定したサーバー運用が可能です。
転送量やドメイン数、MySQLが無制限で高速且つ安定稼働のサーバーとか夢のようじゃないですか。
いろいろなところでエックスサーバーを一押ししていますが、Webシステムエンジニアの私的には断然MixHostの方がおすすめです。
ディスク容量が必要な場合はエックスサーバーやさくらインターネット、ドメインキングなどを選びますが。

管理人による詳細はこちら→

2位:エックスサーバー

サーバープランの基本情報

X10 X20 X30
初期費用 3000円 3000円 3000円
月額使用料 1000円 2000円 3000円
ディスク容量 200GB 300GB 400GB

エックスサーバーの主なおすすめポイント

  1. 安定稼働
  2. 大容量
  3. 電話サポート

いろいろなところで一押しとされているエックスサーバーですが、提供されているサービスを確認すると皆さんが一押しする理由がよくわかります。
1日当たりの転送量の多さ、ディスク容量、ドメイン登録可能数等々、サーバー運用を行う上で必要なものが全てトップクラスです。
ネックなのは月額使用料が他社と比べて少し高いといった点でしょうか。
ただ、提供されているサービスを考えたら納得の金額です。

管理人による詳細はこちら→

3位:バリューサーバー

サーバープランの基本情報

エコ スタンダード ビジネス
初期費用 1000円 2000円 3000円
月額使用料 167円 334円 1667円
ディスク容量 50GB 100GB 400GB

バリューサーバーの主なおすすめポイント

  1. 高速レスポンス
  2. 低価格
  3. 大容量

バリューサーバーの魅力は他社の追随を許さないレスポンスの速さ。
ページを閲覧する側の立場として考えると、ページの表示は速い方が絶対に良いです。
維持費も安いので個人で使用する分にはとても良いサーバーだと思います。

管理人による詳細はこちら→

4位:ドメインキング

サーバープランの基本情報

P S M
初期費用 934円 934円 934円
月額使用料 100円 300円 800円
ディスク容量 20GB 100GB 200GB

ドメインキングの主なおすすめポイント

  1. 低価格
  2. 大容量
  3. 電話サポート

ドメインキングの特徴は価格帯に似合わず大容量なところ。
月額300円でディスクを100GBも使えます。
また、各プラン共通で転送量が無制限なところも見逃せない。
ドメインキングはお名前.comで有名なGMOグループが運営するレンタルサーバーなので安心感があります。

管理人による詳細はこちら→

5位:さくらインターネット

サーバープランの基本情報

ライト スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプロ
初期費用 1029円 1029円 1029円 5142円 5142円
月額使用料 129円 515円 1543円 2571円 4628円
ディスク容量 10GB 100GB 200GB 300GB 500GB

さくらインターネットの主なおすすめポイント

  1. 転送量が大きい
  2. 老舗ホスティング会社
  3. 電話サポート

転送量の大きさがさくらインターネットの一番の特徴と言ってもいいくらいです。
一番安いライトプランでも1日当たり40GBの転送が可能です。
他社のサーバーだと、同価格帯では1日当たり1GB前後のところがほとんどです。
ディスク容量も決して少なくないので、コンテンツの規模が大きいサイトを運営するのに向いています。
昔からあるホスティング会社のため、信頼性も高く初心者から上級者まで安心して使用できるのでおすすめです。

管理人による詳細はこちら→

シェアする