日本語ドメインでライバルと差をつけよう

サーバー運営をする際、ドメイン名って地味に悩んでしまいますよね。
一つのドメインで複数のサイトを運営するために、汎用的なものを考えたり。少しでも覚えやすいように短いドメインを考えたり。
そこで私が提案するのは日本語ドメインです。
ドメインで日本語?そんなことってできるの?って思われるかもしれませんが、当サイトのURLを見てみてください。
しっかりと日本語がドメインになってますよね。
SEOにも強いと言われている日本語ドメインについてご説明していこうと思います。

日本語ドメインとは

日本語ドメインとは、その名の通り日本語のドメインのことです。
一般的にドメインは○○○.comや○○○.jp等の形式で表現されます。
○○○に入るのは通常は英数字ですが、実はここに日本語を入れることが可能なのです。

日本語ドメインはブラウザからサーバーにリクエストを飛ばすタイミングでPunycode形式として情報が送信されます。
具体的には以下のようになります。

日本語 http://失敗しないレンタルサーバー選び.net
Punycode http://xn--n8jub3cub4x3byg4ih4e4eb2194k9s9agh1j.net

日本語ドメインのメリット

ドメインを日本語にすることで、以下のようなメリットがあります。

  • インパクトがある
  • ドメイン名によっては何のサイトか一目瞭然
  • SEOにも強くなる(かもしれない)

やはり日本語ドメインは日本人に対してのインパクトがとてもあります。
一目見ただけでサイトの概要を伝えることも可能となり、アクセス数に直結します。
また推測の域でしかないのですが、GoogleのSEOにも強くなると言われています。
あからさますぎるドメイン名は逆に順位を下げてしまう可能性がありますが、Googleの検索結果を見るとドメインが太字になってることがあります。
これは検索時にドメインも参照して表示している可能性が高いです。

日本語ドメインのデメリット

日本語のドメインには以下のようなデメリットがあります。

  • 日本語がわかる人にしか伝わらない
  • リンクを張る際にPunycode形式にする必要がある
  • レンタルサーバー側が対応していない可能性がある

日本のみを対象としたサイトなら確実にアクセス数アップにつながりますが、それ以外はむしろ逆効果です。
グローバルにアクセス数を伸ばしたいのなら、おとなしく英語を利用した方がいいでしょう。
日本語ドメインの場合、リンクを張る際にPunycode形式にしないとリンクが張れません。
少々手間ではありますが、Punycode変換ツールを使用して対応するようにしましょう。
あと、基本的にはPunycodeで登録すれば問題はないと思いますが、レンタルサーバー側が日本語ドメインに対応していない可能性があります。
対応していなかったら、せっかく契約したドメインもしくはサーバーが無駄になってしまいます。
日本語ドメインを使用する場合は契約しているレンタルサーバー側が対応していることを確認してから取得した方が安全です。

日本語ドメインの取得方法

日本語ドメインはお名前.comで取得することができます。
取得手順ですが、普通に取得したいドメイン名に日本語を入力してボタンをポチポチしていくだけです。

日本語ドメインが利用できるレンタルサーバー

日本語ドメインが設定できるレンタルサーバーをいくつかご紹介します。
もしよろしければ参考にしていただけると幸いです。

上記以外にもいろいろとあるのですが、レンタルサーバーとしておすすめできるものを中心に選ばせていただきました。

皆さんもSEOに強いと言われている日本語ドメインでサイトの注目度をアップさせちゃいましょう!

管理人おすすめのレンタルサーバー
[PR]

管理人がおすすめするレンタルサーバー

1位:mixhost

サーバープランの基本情報

スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプラス エンタープライズ
初期費用 無料 無料 無料 無料 無料
月額使用料 980円 1980円 3980円 7980円 15980円
ディスク容量 40GB 60GB 80GB 120GB 16GB

MixHostの主なおすすめポイント

  1. 高速レスポンス
  2. 安定稼働
  3. 転送量無制限

そこまでメジャーなサーバーではないですが、安価で高速、そして安定して稼働するレンタルサーバーを求めるならMixHostを選べば確実です。
MixHostはApacheやNginxよりも高速なLitespeed Webサーバーを使用しているため、他社のレンタルサーバーと比べてレスポンスが速いです。
実測はしていませんが、おそらくバリューサーバーと同等もしくはそれ以上でしょう。
サーバー障害が発生してもすぐにクローンに切り替えてくれるので、安定したサーバー運用が可能です。
転送量やドメイン数、MySQLが無制限で高速且つ安定稼働のサーバーとか夢のようじゃないですか。
いろいろなところでエックスサーバーを一押ししていますが、Webシステムエンジニアの私的には断然MixHostの方がおすすめです。
ディスク容量が必要な場合はエックスサーバーやさくらインターネット、ドメインキングなどを選びますが。

管理人による詳細はこちら→

2位:エックスサーバー

サーバープランの基本情報

X10 X20 X30
初期費用 3000円 3000円 3000円
月額使用料 1000円 2000円 3000円
ディスク容量 200GB 300GB 400GB

エックスサーバーの主なおすすめポイント

  1. 安定稼働
  2. 大容量
  3. 電話サポート

いろいろなところで一押しとされているエックスサーバーですが、提供されているサービスを確認すると皆さんが一押しする理由がよくわかります。
1日当たりの転送量の多さ、ディスク容量、ドメイン登録可能数等々、サーバー運用を行う上で必要なものが全てトップクラスです。
ネックなのは月額使用料が他社と比べて少し高いといった点でしょうか。
ただ、提供されているサービスを考えたら納得の金額です。

管理人による詳細はこちら→

3位:バリューサーバー

サーバープランの基本情報

エコ スタンダード ビジネス
初期費用 1000円 2000円 3000円
月額使用料 167円 334円 1667円
ディスク容量 50GB 100GB 400GB

バリューサーバーの主なおすすめポイント

  1. 高速レスポンス
  2. 低価格
  3. 大容量

バリューサーバーの魅力は他社の追随を許さないレスポンスの速さ。
ページを閲覧する側の立場として考えると、ページの表示は速い方が絶対に良いです。
維持費も安いので個人で使用する分にはとても良いサーバーだと思います。

管理人による詳細はこちら→

4位:ドメインキング

サーバープランの基本情報

P S M
初期費用 934円 934円 934円
月額使用料 100円 300円 800円
ディスク容量 20GB 100GB 200GB

ドメインキングの主なおすすめポイント

  1. 低価格
  2. 大容量
  3. 電話サポート

ドメインキングの特徴は価格帯に似合わず大容量なところ。
月額300円でディスクを100GBも使えます。
また、各プラン共通で転送量が無制限なところも見逃せない。
ドメインキングはお名前.comで有名なGMOグループが運営するレンタルサーバーなので安心感があります。

管理人による詳細はこちら→

5位:さくらインターネット

サーバープランの基本情報

ライト スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプロ
初期費用 1029円 1029円 1029円 5142円 5142円
月額使用料 129円 515円 1543円 2571円 4628円
ディスク容量 10GB 100GB 200GB 300GB 500GB

さくらインターネットの主なおすすめポイント

  1. 転送量が大きい
  2. 老舗ホスティング会社
  3. 電話サポート

転送量の大きさがさくらインターネットの一番の特徴と言ってもいいくらいです。
一番安いライトプランでも1日当たり40GBの転送が可能です。
他社のサーバーだと、同価格帯では1日当たり1GB前後のところがほとんどです。
ディスク容量も決して少なくないので、コンテンツの規模が大きいサイトを運営するのに向いています。
昔からあるホスティング会社のため、信頼性も高く初心者から上級者まで安心して使用できるのでおすすめです。

管理人による詳細はこちら→

シェアする