GMOクラウドレンタルサーバー

GMOクラウドレンタルサーバーは稼働率100%を謳うレンタルサーバーです。
障害発生時にも冗長化された別のサーバーを稼働させるため、安定した稼働が実現できています。


GMOクラウドレンタルサーバーのサーバープラン

GMOクラウドレンタルサーバーのサーバープランの基本情報は以下のようになっています。

ミニ レギュラー プロ
初期費用 5000円
月額使用料 934円 1410円 2362円
お試し期間 なし
転送量(日) 非公開
転送量(月) 非公開
ディスク容量 200GB 400GB 600GB
ドメイン数 60 90 120
メールアカウント数 10 無制限
MySQL 30 60 120
PostgreSQL
Cron あり
PHP
Perl
Ruby
Python
自動インストール あり
運用サポート 電話/メール
アダルト使用 OK

GMOクラウドレンタルサーバーはiCLUSTA+というサービス名で展開されています。
サービス名にあるように、サーバーをクラスタ化することで稼働率100%を可能としています。
ディスク容量と月額使用料を見ると、比較的安価なレンタルサーバーとなっており、登録できるドメイン数も60~と多いのが特徴です。

GMOクラウドレンタルサーバーの良い点

GMOクラウドレンタルサーバーの利点はやはり稼働率100%というところでしょう。
サーバーというのは常時稼働させておくものですが、当然障害も発生します。
大半のレンタルサーバーは障害発生中は使用できなくなるのがほとんどです。
ECサイトなどを運営している際、レンタルサーバー会社側で障害が発生した場合、こちらとしては復旧を待つことしかできません。
サイト運営で生計を立てている人にとってこれは死活問題です。
そういったときにサーバー稼働率100%というのはとても心強いです。
あと、さりげなくアダルト使用OKなところとか良いですね。
約定に従って運営すればA8.netアダルトアフィリエイトも可能です。

GMOクラウドレンタルサーバーの悪い点

機能面ではGMOクラウドレンタルサーバーに悪い点が見つけられませんでした。
ただ、初期費用が高く管理パネルが使いにくいといった声をよく聞きます。
私も仕事で使ったことありますが、確かに管理パネルは使いにくかったです。

GMOクラウドレンタルサーバーの口コミ

初期費用が高くて管理パネルが使いにくい。
それ以外は何も問題なく、快適に使えてます。
管理パネルはWordPressインストールした後はほとんど使わないのでそこまで気にしてません。

複数サイト運営するのには良いサーバーなんだけど、管理パネルがちょっとわかりにくい。

安定して稼働してるけど、表示速度とか管理パネルの使いやすさとかはエックスサーバーの方がいい。

管理人から見たGMOクラウドレンタルサーバーのおすすめポイント

GMOクラウドレンタルサーバーのおすすめポイントは

  • 稼働率100%
  • 安心の電話サポート

といったところですね。
ECサイトなどを運用するにあたり、やはりサーバーの安定稼働というのは重要になります。
GMOクラウドレンタルサーバーは稼働率100%を謳っているため、ビジネス用途として安心して使用できます。
また価格帯もビジネス用途のレンタルサーバーの中では安いほうなのでランニングコストも抑えられます。
ただ、管理パネルが少々使いにくいので初心者の方にはおすすめできません。
同価格帯で初心者にもおすすめできるレンタルサーバーはエックスサーバーまたはX2(エックスツー)です。

管理人おすすめのレンタルサーバー
[PR]

管理人がおすすめするレンタルサーバー

1位:mixhost

サーバープランの基本情報

スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプラス エンタープライズ
初期費用 無料 無料 無料 無料 無料
月額使用料 980円 1980円 3980円 7980円 15980円
ディスク容量 40GB 60GB 80GB 120GB 16GB

MixHostの主なおすすめポイント

  1. 高速レスポンス
  2. 安定稼働
  3. 転送量無制限

そこまでメジャーなサーバーではないですが、安価で高速、そして安定して稼働するレンタルサーバーを求めるならMixHostを選べば確実です。
MixHostはApacheやNginxよりも高速なLitespeed Webサーバーを使用しているため、他社のレンタルサーバーと比べてレスポンスが速いです。
実測はしていませんが、おそらくバリューサーバーと同等もしくはそれ以上でしょう。
サーバー障害が発生してもすぐにクローンに切り替えてくれるので、安定したサーバー運用が可能です。
転送量やドメイン数、MySQLが無制限で高速且つ安定稼働のサーバーとか夢のようじゃないですか。
いろいろなところでエックスサーバーを一押ししていますが、Webシステムエンジニアの私的には断然MixHostの方がおすすめです。
ディスク容量が必要な場合はエックスサーバーやさくらインターネット、ドメインキングなどを選びますが。

管理人による詳細はこちら→

2位:エックスサーバー

サーバープランの基本情報

X10 X20 X30
初期費用 3000円 3000円 3000円
月額使用料 1000円 2000円 3000円
ディスク容量 200GB 300GB 400GB

エックスサーバーの主なおすすめポイント

  1. 安定稼働
  2. 大容量
  3. 電話サポート

いろいろなところで一押しとされているエックスサーバーですが、提供されているサービスを確認すると皆さんが一押しする理由がよくわかります。
1日当たりの転送量の多さ、ディスク容量、ドメイン登録可能数等々、サーバー運用を行う上で必要なものが全てトップクラスです。
ネックなのは月額使用料が他社と比べて少し高いといった点でしょうか。
ただ、提供されているサービスを考えたら納得の金額です。

管理人による詳細はこちら→

3位:バリューサーバー

サーバープランの基本情報

エコ スタンダード ビジネス
初期費用 1000円 2000円 3000円
月額使用料 167円 334円 1667円
ディスク容量 50GB 100GB 400GB

バリューサーバーの主なおすすめポイント

  1. 高速レスポンス
  2. 低価格
  3. 大容量

バリューサーバーの魅力は他社の追随を許さないレスポンスの速さ。
ページを閲覧する側の立場として考えると、ページの表示は速い方が絶対に良いです。
維持費も安いので個人で使用する分にはとても良いサーバーだと思います。

管理人による詳細はこちら→

4位:ドメインキング

サーバープランの基本情報

P S M
初期費用 934円 934円 934円
月額使用料 100円 300円 800円
ディスク容量 20GB 100GB 200GB

ドメインキングの主なおすすめポイント

  1. 低価格
  2. 大容量
  3. 電話サポート

ドメインキングの特徴は価格帯に似合わず大容量なところ。
月額300円でディスクを100GBも使えます。
また、各プラン共通で転送量が無制限なところも見逃せない。
ドメインキングはお名前.comで有名なGMOグループが運営するレンタルサーバーなので安心感があります。

管理人による詳細はこちら→

5位:さくらインターネット

サーバープランの基本情報

ライト スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプロ
初期費用 1029円 1029円 1029円 5142円 5142円
月額使用料 129円 515円 1543円 2571円 4628円
ディスク容量 10GB 100GB 200GB 300GB 500GB

さくらインターネットの主なおすすめポイント

  1. 転送量が大きい
  2. 老舗ホスティング会社
  3. 電話サポート

転送量の大きさがさくらインターネットの一番の特徴と言ってもいいくらいです。
一番安いライトプランでも1日当たり40GBの転送が可能です。
他社のサーバーだと、同価格帯では1日当たり1GB前後のところがほとんどです。
ディスク容量も決して少なくないので、コンテンツの規模が大きいサイトを運営するのに向いています。
昔からあるホスティング会社のため、信頼性も高く初心者から上級者まで安心して使用できるのでおすすめです。

管理人による詳細はこちら→

シェアする