さくらインターネット

さくらインターネットはレンタルサーバー界ではとても有名な老舗ホスティング会社です。
昔からあり、現在も運営していることから信頼性と安心性はとても高いと考えていいでしょう。
サーバースペックについても初心者から上級者まで、満足のいくプランが提供されています。


さくらインターネットは初めてレンタルサーバーを借りる人におすすめのレンタルサーバーです。
プレミアムプラン以降を検討している場合はエックスサーバーの方をおすすめします。

さくらインターネットのサーバースペック

OS FreeBSD 9.1-RELEASE-p24 amd64
CPU Intel Xeon E312xx (Sandy Bridge)
メモリー 18GB

さくらインターネットのサーバープラン

さくらインターネットのサーバープランの基本情報は以下のようになっています。
(さくらインターネットは税込み価格で表記されています)

ライト スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプロ
初期費用 1029円 5142円
月額使用料 129円 515円 1543円 2571円 4628円
お試し期間 14日間
転送量(日) 40GB 80GB 120GB 160GB 200GB
転送量(月) 1200GB 2400GB 3600GB 4800GB 6000GB
ディスク容量 10GB 100GB 200GB 300GB 500GB
ドメイン数 20 30 40 40
メールアカウント数 無制限
MySQL 20 50 100 200
PostgreSQL
Cron なし あり
PHP
Perl
Ruby
Python
自動インストール なし あり
運用サポート 電話/メール
アダルト使用 NG

プランは個人用途から企業用途まで対応できるよう、ライト~ビジネスプロの5つのプランが存在します。
価格帯も数多くあるレンタルサーバーの中では安い方なので、維持費について安心して借りることができると思います。

ライトプランは月額100円代と、とても安い金額で借りることができます。
ディスク容量は10GBと少なめなのでがっつりコンテンツ系のWebページ運用は難しいかもしれません。
ただ、転送量について1日当たり40GBと少なくなく、ドメインが20個、メールアカウントが無制限となっているので、テキストメインのメールサーバーとしての使用が向いていると思います。
アフィリエイト用途の場合はメールマガジンの発行等で使用するといいでしょう。
もしアフィリエイトの興味があるのでしたらA8.netが初心者におすすめです。

低価格でWordPressやCMSを利用したい場合はロリポップ!またはミニバードがおすすめです。
ただし転送量についてはさくらインターネットには遠く及ばないため、その点は注意が必要です。

スタンダードプランは月額500円代の低価格帯でかつ個人用途で標準的なプランです。
ディスク容量が100GBあり、コンテンツ系のサイトも運用可能だと思います。
WordPressも自動インストールに対応しているので、これからWebサイトを作ってみたいという人におすすめのプランです。

プレミアムプランはスタンダードプランと比べると月額費用が約3倍の1500円代になりますが、その分ディスク容量が2倍の200GB、転送量が120GBとなっており、PV数が多くなりスタンダードプランでは503エラーが頻繁に発生してしまうユーザ向けのプランだと思います。
または、PV数はそこまでないけど複数のサイトを運営したい場合等にも向いています。

ビジネスプランは企業向けの中で標準的なプランです。
個人向けプランと比べるとディスク容量、転送量共に余裕があるので小規模なビジネスサイトの運用が適しています。
または個人で運用しているがプレミアムプランでは足りなくなってしまったという人用といった感じでしょうか。

ビジネスプロプランはがっつりと企業向けのプランです。
ディスク容量、転送量共に最高レベルで、企業として複数のサイトを運営したい場合にも適しています。
懸念点があるとしたらRubyやPythonが使用できないのでプログラミング関連での運用は厳しいかもしれません。

さくらインターネットの良い点

さくらインターネットの最大の特徴は転送量の大きさです。
一番安いライトプランでも40GB/日となっており、アクセス数が多くなっても問題ありません。

主用のレンタルサーバー会社の中で唯一支払いを口座振替で行えます。
ほとんどのレンタルサーバーはクレジットカードもしくは銀行振込での支払いとなります。
その点、さくらのレンタルサーバーなら口座から直接引き落とすことが可能なため、収益と支出の計算が楽になります。

セキュリティ、災害等の耐性も優れています。
震度7の大地震があっても被害なしという実績があります。
(2011年3月11日 東日本大震災)

さくらインターネットの悪い点

さくらインターネットはサーバー内のプラン変更ができません。
プランを変更したい場合、別のプランで再契約する必要があります。
元のプランを解約してからの再契約となると、運営しているサイトが一時的になくなった状態になってしまうので、プランを変更したい場合は一度別のレンタルサーバーに移管して、再度さくらインターネットに移管するなどの対策が必要です。

さくらインターネットの口コミ

費用も安く容量も多いうえ、安定して使用できているので満足です。
設定が少々難しい感じでしたが、プロ用から初心者までおすすめできる会社だと思います。

知人に薦められてスタンダードプランを契約しました。
最初は設定に手こずりましたが、サポートがしっかりしていたため問題の解決はとても早かったです。

会社で使用して良かったので個人でも契約しました。
やはり老舗の会社だと安心して契約することができます。
サポートもそこそこ良かったです。

管理人から見たさくらインターネットのおすすめポイント

さくらインターネットのおすすめポイントは

  • 昔から今にかけて運営されている老舗
  • 価格帯が全体的に安い
  • 安心の電話サポート

といったところですね。
やっぱり昔からある会社というのは信頼できます。ダメな会社でしたら長くは続けられないですからね。
あとはどのプランも全体的に安く、電話サポートも存在している点は個人ユーザとしてとてもありがたいことです。
初心者から上級者まで、安心して使用することのできるレンタルサーバーです。
どのプランもお試し期間が14日間あるので、試しに使用してみるのもいいと思います。

ただ、プレミアムプラン以降はそこまでコスパが優れているというわけではないので、プレミアムプラン以降を検討している人はエックスサーバーを検討してみてください。
エックスサーバーはコスパや機能、安定性でさくらインターネットを凌駕しています。

公開はされていませんが、同時に実行できるプログラムの最大数というものが設けられています。
どういうことかというと、PHPを受け口としたWebサービスを公開していたとしてそれを同時に数万件単位でアクセスするとサーバーエラーが発生するといったものです。
通常の運用ではそのようなことは滅多にないのですが、人気アプリのWebサーバーとして使ってたりするとすぐにエラーになります。
エックスサーバーではそういったことに対してもさくらインターネットよりも規制が緩いため、スマホアプリ用のWebサーバーとしても安定して使用できます。

よく比較されるレンタルサーバー

さくらインターネットは価格面ではロリポップファイアバード等とよく比較されます。
500円前後で使用できてディスク容量が大きいレンタルサーバーとして比較する人が多いです。

性能面で比較されるのは上記の二つに加え、エックスサーバーもよく比較されます。
エックスサーバーはさくらインターネットと比べると、少々金額が高くなりますが高速で且つ安定して稼働するため、とても評価の高いレンタルサーバーです。

管理人おすすめのレンタルサーバー
[PR]

管理人がおすすめするレンタルサーバー

1位:mixhost

サーバープランの基本情報

スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプラス エンタープライズ
初期費用 無料 無料 無料 無料 無料
月額使用料 980円 1980円 3980円 7980円 15980円
ディスク容量 40GB 60GB 80GB 120GB 16GB

MixHostの主なおすすめポイント

  1. 高速レスポンス
  2. 安定稼働
  3. 転送量無制限

そこまでメジャーなサーバーではないですが、安価で高速、そして安定して稼働するレンタルサーバーを求めるならMixHostを選べば確実です。
MixHostはApacheやNginxよりも高速なLitespeed Webサーバーを使用しているため、他社のレンタルサーバーと比べてレスポンスが速いです。
実測はしていませんが、おそらくバリューサーバーと同等もしくはそれ以上でしょう。
サーバー障害が発生してもすぐにクローンに切り替えてくれるので、安定したサーバー運用が可能です。
転送量やドメイン数、MySQLが無制限で高速且つ安定稼働のサーバーとか夢のようじゃないですか。
いろいろなところでエックスサーバーを一押ししていますが、Webシステムエンジニアの私的には断然MixHostの方がおすすめです。
ディスク容量が必要な場合はエックスサーバーやさくらインターネット、ドメインキングなどを選びますが。

管理人による詳細はこちら→

2位:エックスサーバー

サーバープランの基本情報

X10 X20 X30
初期費用 3000円 3000円 3000円
月額使用料 1000円 2000円 3000円
ディスク容量 200GB 300GB 400GB

エックスサーバーの主なおすすめポイント

  1. 安定稼働
  2. 大容量
  3. 電話サポート

いろいろなところで一押しとされているエックスサーバーですが、提供されているサービスを確認すると皆さんが一押しする理由がよくわかります。
1日当たりの転送量の多さ、ディスク容量、ドメイン登録可能数等々、サーバー運用を行う上で必要なものが全てトップクラスです。
ネックなのは月額使用料が他社と比べて少し高いといった点でしょうか。
ただ、提供されているサービスを考えたら納得の金額です。

管理人による詳細はこちら→

3位:バリューサーバー

サーバープランの基本情報

エコ スタンダード ビジネス
初期費用 1000円 2000円 3000円
月額使用料 167円 334円 1667円
ディスク容量 50GB 100GB 400GB

バリューサーバーの主なおすすめポイント

  1. 高速レスポンス
  2. 低価格
  3. 大容量

バリューサーバーの魅力は他社の追随を許さないレスポンスの速さ。
ページを閲覧する側の立場として考えると、ページの表示は速い方が絶対に良いです。
維持費も安いので個人で使用する分にはとても良いサーバーだと思います。

管理人による詳細はこちら→

4位:ドメインキング

サーバープランの基本情報

P S M
初期費用 934円 934円 934円
月額使用料 100円 300円 800円
ディスク容量 20GB 100GB 200GB

ドメインキングの主なおすすめポイント

  1. 低価格
  2. 大容量
  3. 電話サポート

ドメインキングの特徴は価格帯に似合わず大容量なところ。
月額300円でディスクを100GBも使えます。
また、各プラン共通で転送量が無制限なところも見逃せない。
ドメインキングはお名前.comで有名なGMOグループが運営するレンタルサーバーなので安心感があります。

管理人による詳細はこちら→

5位:さくらインターネット

サーバープランの基本情報

ライト スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプロ
初期費用 1029円 1029円 1029円 5142円 5142円
月額使用料 129円 515円 1543円 2571円 4628円
ディスク容量 10GB 100GB 200GB 300GB 500GB

さくらインターネットの主なおすすめポイント

  1. 転送量が大きい
  2. 老舗ホスティング会社
  3. 電話サポート

転送量の大きさがさくらインターネットの一番の特徴と言ってもいいくらいです。
一番安いライトプランでも1日当たり40GBの転送が可能です。
他社のサーバーだと、同価格帯では1日当たり1GB前後のところがほとんどです。
ディスク容量も決して少なくないので、コンテンツの規模が大きいサイトを運営するのに向いています。
昔からあるホスティング会社のため、信頼性も高く初心者から上級者まで安心して使用できるのでおすすめです。

管理人による詳細はこちら→

シェアする